ぼくらの家具戦争
ぼくらの家具戦争
ホーム > 注目 > お米はざるでふるいましょう♪

お米はざるでふるいましょう♪

私は実家からお米をもらっています。
主人の給料はもうここ何年も横ばい。
私も仕事を辞め、子どもが産まれ、最近は幼稚園の月謝やら習い事やらでお金も飛んでいく一方。
お米を実家からもらえるのは本当に助かっています。

このお米、母方の親戚が作っていて、精米もそのお家でやってくれているのですが、精米する部屋と機械が、まぁ簡単に言ってしまうと汚いんです。
別に汚染物質があるというわけではないので、食べる分には問題はないんですが、どうしても気になるのは虫。
お米って虫がつきやすいですよね。
私はお米にわく虫と言ったらコクゾウムシしか知らなかったんですけど、我が家がもらってくるお米に入っているのはノシメマダラメイガという虫の幼虫のようです。
小さい芋虫みたいな感じ。
最初はそんなこと知らずに普通に炊いて食べていました。
炊いたお米の中に幼虫が紛れこんでいた時のショックと言ったら!!

その後、駆除方法を調べたところ、天日に干すという方法が一般的でしたが、我が家にそんなスペースない!!
で、もう1つ見つけた方法、「ざるを使って篩(ふる)う」という作業を毎回行っています。
目の小さいざるで篩うことで小さい幼虫や卵が下に落ち、お米だけがざるに残るという仕組みです。

1つ気になっているのが、息子が「ママぁ、今からお米シャラシャラやるの?」と見に来るんです。
息子の中で「お米=ざるで篩ってから食べる物」という認識が出来ています。
事実を知ったらちょっとショックだろうな...。
でもせっかくもらえるお米!!
無駄になんて出来ません!!
今日も頑張ってざるで篩います!!

その親戚の家は大きくて着物がたくさん倉庫にしまってあるそうです。
こんど、その着物を宅配査定してもらうようで、私もその査定様子を見に行かせて頂く予定です。→着物買取なら買取プレミアムがおすすめ